本文へスキップ

土地家屋調査士になるための情報を網羅『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士とは/土地家屋調査士のことなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士のことが知りたいなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士とは


土地家屋調査士とは、土地や建物の所有者等の依頼を受けて、法務局に不動産の表示に関する登記の申請をし、 そのために必要な測量や調査をおこなう国家資格者であり、不動産登記のスペシャリストです。

不動産登記には、何処にどのような不動産が存在するかという情報(表示に関する登記)と当該不動産は誰が所有しており、またどのような権利が設定されているかという情報(権利に関する登記)が公示されています。

この表示に関する登記を取り扱うのが土地家屋調査士であり、権利に関する登記を取り扱うのが司法書士ということになります。

では表示に関する登記が必要となる一場面について、具体的にみていきます。

土地に関していうと、土地の一部を切り売りした場合には『土地分筆登記』をして、登記上一筆の土地を数筆の土地に分割することができます。

また、畑として利用していた土地を建物の敷地として利用することになった場合には『土地地目変更登記』を申請しなくてはなりません。

次に建物に関していうと、建物が新築された場合には『建物表題登記』を申請しなくてはなりません。また、リフォームにより床面積が増加した場合には『建物表題部変更登記』を申請しなくてはなりません。

このように表示に関する登記が必要となる局面は決して稀有ではなく、しかも表示に関する登記を取り扱うことができるのは土地家屋調査士だけなのです。

また近年の法律改正により、土地家屋調査士の業務は更なる広がりをみせました。

すなわち、筆界特定制度と裁判外紛争解決手続(ADR)に関する業務が法定されたことにより、今後、登記申請以外の分野での活躍も行なえるようになりました。




通信講座簡単無料資料請求

 土地家屋調査士 講座
 生涯学習のユーキャン

過去問を徹底分析、「出やすさが一目でわかる」オリジナルテキスト!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル
法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を始められる。
法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。