本文へスキップ

土地家屋調査士になるための情報を網羅『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士になるには/土地家屋調査士のことなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士のことが知りたいなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士になるには


土地家屋調査士事務所を開設するには、まず国家試験である土地家屋調査士試験に合格して、
所属する土地家屋調査士会に入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿
に登録をすることになっています。

土地家屋調査士の国家試験は、土地家屋調査士法第5条の規定に基づいて、毎年1回行われます。

試験に合格して土地家屋調査士となる資格を取得したら、土地家屋調査士になるため日本土地家屋調査士連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録をします。

登録の申請は所属する土地家屋調査士会を経由して連合会に提出します。

土地家屋調査士の登録申請をすると同時に登録申請を経由する土地家屋調査士会に入会の手続きを取らなければなりません。

つまり、土地家屋調査士会に入会しないと仕事を行うことができないということです。

全体を通して説明すると、まず試験に合格し、連合会に登録、土地家屋調査士会の会員になったのち
事務所を設けることで土地家屋調査士として仕事をすることができるようになります。




通信講座簡単無料資料請求

 土地家屋調査士 講座
 生涯学習のユーキャン

過去問を徹底分析、「出やすさが一目でわかる」オリジナルテキスト!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル
法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を始められる。
法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。