本文へスキップ

土地家屋調査士になるための情報を網羅『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士の将来性/土地家屋調査士のことなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士のことが知りたいなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士の将来性


「土地家屋調査士って儲かるの?」「報酬は1件でいくらくらいもらえるの?」

土地家屋調査士をめざそうと考えた方であれば、気になるところです。

もちろん、どんな職業や資格でも必ずこうなるといえるものではありませんが、単刀直入に言えば、土地家屋調査士は、独立開業型の資格なので、収入は受注する仕事量に比例します。


では、月に1件しか土地の測量の仕事がこないとしたらどうでしょうか。

たった1件といっても、測量の仕事はさまざまで、条件により、受注額は1件で20万円、30万円から100万円、300万円などもあります。


「そんなにもらえるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、土地家屋調査士の業務は、法律的な知識と測量技術を駆使した専門性の高い業務です。


だからこそ、1件で高額な報酬を得られるのです。

また、土地家屋調査士には建物の仕事もあります。

建物の仕事は、土地の仕事とちがって、短期間で業務が終了しますし、経費もほとんどかかりません。

建物の大きさにもよりますが、通常の2階建の一戸建でしたら、1件で10万円前後の受注額となります。

区分建物(マンション)の登記については、1専有部分(1部屋)につきいくらという形で受注額を換算しますので、最低でも数十万円、大規模マンションでしたら、受注額は数百万円にもなります。


さらに、一般に較べ報酬は低くなりますが、公共嘱託登記土地家屋調査士協会という組織があり、官公署による登記や測量の案件を一括で受注し、協会の社員である調査士が分担して仕事をする場合があります。

開業したての調査士にとっても非常にありがたい制度とも言えます。

ちなみに、このようなシステムは他の資格ではあまり聞きません。

このように、土地家屋調査士の収入について簡単に述べてきましたが、実際の受注額は、地域や事務所、案件などの諸条件によりバラつきがあります。

また、従来までは、調査士会の会則により定められた報酬基準が存在していましたが、規制緩和の影響で、平成15年8月1日より報酬規定は撤廃され、各土地家屋調査士は、自分で受注額を定めることが可能となりました。


ですから、「調査士って、どれくらいの報酬がもらえるの?」と聞かれたとしても、明確にお答えできないというのが現状です。

ひとつ言えることは、報酬規定が撤廃されたからこそ自由な競争が生まれ、営業努力次第で顧客を獲得するチャンスが増えたということです。


これから開業を目指す皆さんは、是非ともこのチャンスをものにしてください。

受注の流れ、固定顧客がそろってくると、難しい工夫をすることなく、受注額は年間1000万円を超えてゆくと思います。




通信講座簡単無料資料請求

 土地家屋調査士 講座
 生涯学習のユーキャン

過去問を徹底分析、「出やすさが一目でわかる」オリジナルテキスト!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル
法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を始められる。
法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。