本文へスキップ

土地家屋調査士になるための情報を網羅『土地家屋調査士として働く』

測量士(補)の測量と土地家屋調査士の測量の違い/土地家屋調査士のことなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士のことが知りたいなら『土地家屋調査士として働く』

測量士(補)の測量と土地家屋調査士の測量の違い


測量の仕事を大きく分けると以下の3つになります。

1.基本測量・公共測量

国または公共団体が費用を負担して行う測量です。

基本的に各種の地図を作製するための、もしくはその基礎となる測量です。

個人の土地という観点とは違い、広範囲の地形等を測量します。測量士や測量士補の資格が必要な測量です。

2.登記測量

基本測量・公共測量とは異なり、土地の所有者のために、登記簿という国の帳簿にのせるために必要となる測量作業をいいます。

個人の土地がどのくらいの広さであるかを測量します。

土地家屋調査士が独占する測量分野です。

3.一般的な測量

公共測量や登記測量にあたらない測量もたくさんあります。

実際に建物を建てたり、橋を架けたり、道路を敷設するためには測量が必要です。

また、売りたい土地を実測する場合にも測量が必要です。


上記のように登記測量の分野を独占できるのは土地家屋調査士です。

土地家屋調査士は、比較的小規模で開業できる測量の専門家です。

測量士・測量士補となる資格を有している皆さんも、この有望資格を目指してみません
か?




通信講座簡単無料資料請求

 土地家屋調査士 講座
 生涯学習のユーキャン

過去問を徹底分析、「出やすさが一目でわかる」オリジナルテキスト!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル
法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を始められる。
法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。