本文へスキップ

土地家屋調査士になるための情報を網羅『土地家屋調査士として働く』

登記簿の仕組み/土地家屋調査士のことなら『土地家屋調査士として働く』

土地家屋調査士のことが知りたいなら『土地家屋調査士として働く』

登記簿の仕組み


土地・建物には、登記簿に不動産の履歴が記載され、登記所に保管されています。

この「登記簿」は、「表題部」「甲区」「乙区」に分類されています。

まず、「表題部」には、土地がどこに存在しているか、戸籍の住所にあたる「土地の所在」、人の使命に当たる「地番」、その他に土地の用途にあたる「地目」たとえば建物の敷地は、「宅地」、農地の場合「田」または「畑」などの利用状況によってきまりがあります。

さらに土地の面積のことを「地積」として表します。

「甲区」欄には所有者、「乙区」欄には、所有権以外の権利、抵当権などが記載されています。

建物の登記簿の仕組みも、土地と同じく「表題部」「甲区」「乙区」からなっていて、その内容は、
「建物の所在地番」「家屋番号」「種類」「床面積」などが記載されています。

表題部の次の頁に「甲区」欄が綴られており、その不動産の権利者が記載されています。

さらに次の「乙区」欄には、抵当権の内容が分かるようになっています。

以上のように登記簿は、土地の取引の安全保全に必要不可欠なものであり、重要な帳簿であることが
わかります。





通信講座簡単無料資料請求

 土地家屋調査士 講座
 生涯学習のユーキャン

過去問を徹底分析、「出やすさが一目でわかる」オリジナルテキスト!

全7巻のテキストは、試験の特徴・出題傾向を徹底分析したユーキャンオリジナル
法律を初めて学ぶ方でもムリなく学習を始められる。
法律用語や専門用語などの「用語」解説、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解などで、より理解を深めることができます。